アダルトチルドレン・HSPでもラクになり、生きやすくなる

アダルトチルドレン・HSPの女性が生きる力を取り戻し、幸せに生きるために

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

食事

土曜日より、小食を実践。

普段から朝食は食べないので、昼・夜を腹5分目?8分目にしている。

小食を体験する度に、食べる事によって、消化にかかるエネルギーの大きさを実感する。


食べた直後は物足りなく思うが、食事の後、さくさくと動けるのはやはり快適。

大食の快楽よりも、小食の快適さ、の方が気持ち良い。


でも、何度小食の快適さを体験しても、大食の快楽が勝ってしまうときもあるくらい、食欲、というのは制御がむずかしい。


小食にすると体がクリアになって、より繊細になっていく。

糖分を摂りすぎるとだるくなる。

おそらく変容の時期が重なっている事もあり、水分を摂りすぎただけでも、その後胸に圧迫感がある。

体がクリアになるごとに、思考もクリアになってくる。

体と思考は、直結している。

だから、何を食べているかで、どのような思考パターンになるか、どれだけクリアな思考を保てるか、変わってくる。


それにしても、3日小食にしただけでも、大分体が軽い。

関連記事
スポンサーサイト

食事 | コメント:0 |
<<そぎ落としたい物 | ホーム |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。