FC2ブログ

アダルトチルドレン・HSPでもラクになり、生きやすくなる

アダルトチルドレン・HSPの女性が生きる力を取り戻し、幸せに生きるために

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

許すということ

自分が弱いから許す、のではないのだ。

許して、自分がどう生きるか。

そのために、涙や、痛みや、強い抵抗を感じながら、一時はまるで傷だらけ血だらけになるような思いをしながら、許すのだ。
誰かを、自分を。
今起こっている事を、過去を。
丸ごと全部肯定し、全てをまっすぐな視点で踏まえたうえでどう生きるのかを再設定するために。


本当に許すというのは、それ程の行為。

その行為から得られるのは、どこにでも愛は宿るという事実と、愛という名の執着や依存からの脱却による無限の自由。
ぶれない自分の軸。
まっさらな視点。
対等な立場。
信じる力。
生き抜く力。
新しく人生を創造するためのエネルギー。


許していない、ということは許していない気持ちの大きさだけ、その相手にエネルギーを使っているということ。
許したくない相手のために自分のエネルギーと時間を使っているということ。
それがあまりに大きいと、「自分がどう生きたいか」ということは見えてこない。

更に、許さない、ということを続けていると、責任転嫁が生じてくる。
「あの人の、あの時の、これのせいで自分は自分の人生を生きられない」と。

それは違うのだ。
許していないのは、許そうとしていないのは、その人自身なのだ。
たとえ状況がどうであれ。

許さないための行動や感情に大きなエネルギーを使うのも、自分の人生。
許して全て受け入れて「どう生きたいか」にエネルギーを注ぐのも、自分の人生。

許したくない思いを超えて。
怒りを超えて。
憎しみを超えて。

手に入れよう。
自分の人生を。
関連記事
スポンサーサイト

私の中の、真実 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<陰極まれば陽となる | ホーム | 不完全さを知ると人生が豊かになる>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。