FC2ブログ

アダルトチルドレン・HSPでもラクになり、生きやすくなる

アダルトチルドレン・HSPの女性が生きる力を取り戻し、幸せに生きるために

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

コミュニケーション

今日、夫に徒然と、どうして食事に、体に、自分の在り方に常に気を配りたいのかを、話す。

じっと聞いてくれていた。


近い関係だと、逆に、言葉でのコミュニケーションに限界があると感じる時がある。

こういった、魂や、内面や、意志の事を伝達したい時には特に。

だから、これまで通り、私が生きる事で、彼にも伝わったらいいと思う。


でも、以前は語らずに「これをやりたい!」という情熱に突き動かされるようにしてしか、出来なかった。
良く分かんないけど、やるしかないから、やるんだよ!という状態。
だから、夫は内心色々思っていた事と思う。

私は、やるしかないと感じたら、そこに一心に向かっていくのは好きだからいいのだけど、家族がいると、巻き込んでしまうような思いは、なくはなかった。

今、「だからやりたいんだよね」ということを、静かに話せるのが、嬉しい。


そもそも、深い部分をやりながら生きているのだから、何十年もかけて本当に分かりあえていくのでいいんだよね。

どんどん新しい自分になるし。

その時その時、生存の許可を与えられているだけで、オッケーなのだろう。


関連記事
スポンサーサイト

つながり | コメント:3 |
<<神に問うてきたことの答えが | ホーム | 困難と喜びと、願い>>

コメント

いずみさん

>その時その時、生存の許可を与えられているだけで、オッケーなのだろう。

ここが素晴らしい。

この「その時その時、生存の許可を与えられているだけで、オッケー」
の文言
は、


自分への甘えがあるため、
真実を見極め切れないで、
苦しんでいる日本中の夫婦に

はっとするような贈る言葉。
個性の違いを乗り越え生きる金言と言っても良いと思う。

そのように、一歩一歩
途轍もなく広い愛をもって生きるところに、
地上生活の乙な楽しみ方があるのかもしれない。ヽ(^。^)ノ

夫婦の歴史が、後年思いがけず豊かな実りに逢着すれば、
それぞれが、お互い、独自に神を発見したことになる。

高い次元の信頼は、そのようにして、醸成されてゆくのじゃないかな。




2009-09-10 Thu 02:08 | URL | 松原 慈光 [ 編集 ]
慈光さん、
ありがとうございます。

>個性の違いを乗り越え生きる金言と言っても良いと思う。

このテーマは、深いですよね。

先日話をさせていただいた「生存の許可」という言葉が響いて、私の中で未だ振動を保っています。
少し、自分の言葉で書けたかな、と思うのですが、まだまだ、書きたい、と感じます。


2009-09-10 Thu 18:27 | URL | ギンケンソウ [ 編集 ]
>先日話をさせていただいた「生存の許可」という言葉が響いて、私の中で未だ振動を保っています。
少し、自分の言葉で書けたかな、と思うのですが、まだまだ、書きたい、と感じます。


いずみさんの言葉で、
リクリエイション(再創造)することで、
新たな響きを内包して、
立ち上がってきています。

こういう現象をシンクロというのでしょうか。

わたしも、力を貰っています。
ありがとう。
2009-09-10 Thu 19:01 | URL | 松原 慈光 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。